中にはネガティブな人のほうが仕事のパフォーマンスが高いというデータもあるほどです。1?4.最新の考えはポジティブシンキングとネガティブシンキングの融合最近のニューヨーク・タイムズで、ポジティブシンキングに関する新しい考え方が紹介されました。

 

価格だけでなく、ボディサイズなどもライバルといえそうな、マーチボレロA30とアバルト595コンペティオーネを比較してみました。

 

まずボディサイズです。マーチボレロA30は全長3865mm×全幅1810mm×全高1510mmでホイールベースは2450mmとなっています。対してアバルト595は全長3655mm×全幅1625mm×全高1500mm、ホイールベースは2300mmです。

 

5ドア車であり、リアの居住性は圧倒的にマーチボレロA30が優勢ですが、全幅1810mmというのは、若干取り回しに気を遣うのは間違いありません。その点、アバルト595コンペティオーネは室内空間の広さは一歩譲りますが、取り回しという点ではリードしています。

 

続いてインテリアです。マーチボレロA30はフロントシートにレカロ社製のバケットシートを装備しています。そしてハンドルもシルバーステッチをあしらった専用の革巻きステアリングを採用しています。

 

また、『リーフ』などのゼロエミッション車の普及や、車から家庭へ電力を供給する「Leaf to Home」、使用済みバッテリーを再利用した再生可能エネルギーの導入、他社や自治体との連携による充電器普及など包括的なゼロエミッション社会構築に向けた活動が評価され、Aリスト企業としての選定につながった。

 

日産自動車の川口均CSO(チーフ・サステナビリティ・オフィサー)は、「日産は持続可能なモビリティ社会を実現するために、商品である車だけでなく、事業活動全般を通して、さまざまな課題に真摯に取り組んでいる。他業界や政府、自治体との連携を今以上に強化し、今後もCO2削減にむけて革新を続けていくことが使命であると認識している」と語っている。