事故歴と修復歴の違いと注意点は?

中古車の価値を決定づける大きな要因として「事故歴」や「修復歴」があります。この様な要因は、そのまま買取価格や販売価格へ反映されるため、一般的な相場価格よりも割安となってしまいます。しかし、事故歴と修復歴は意味合いや表示義務が異なるため注意が必要です。まず、事故や災害にあった場合の事故歴は、必ずしも表示義務のある修復歴と合致することはありません。

日本自動車査定協会が定義づけしている、「車の基本骨格(フレーム)部位の交換、あるいは修復した車」に該当するケースを修復歴としていることが大きな理由です。ただ単に壁に車の外側を擦り、修理した事故でも、走行に影響しないようなケースでは修復歴には該当しないのです。また、査定時や販売時には修復歴を伝える必要がある一方、事故歴を必ず伝える義務は生じません。どの箇所へ、どのような修理を施しているかをプライスボードと状態図をあわせて確認することが大切です。各販売店の統一基準として、修復歴に該当する箇所には細かく9つの骨格部位が挙げられます。

その内、「フレーム(サイドメンバー)・・クロスメンバー・・インサイドパネル・・ピラー・・だっしゅぱねる・・ルーフパネル・・フロアパネル・・リアフロアパネル」については、それぞれ交換されていたり、曲がりや凹み、修理のアトがある場合、修復歴に該当します。細かい部分でいえば、ピラーやパネル部分は、外部や外板を介して波及した凹みや亀裂、剥がれ、修理跡も含まれます。

また、「ラジエータコアサポート」部分は、交換された上で、尚且つ隣接するインサイドパネルやクロスメンバー、サイドメンバーに曲がりや凹み、修理跡がある場合を修復歴としています。このようなチェック箇所以外の部品の凹みや曲がり、軽微な破れなどは、修復しても、交換しても修復歴には含まれまないため、査定時や購入時の判断材料として覚えておきましょう。

修復歴があるとないとでは、車の査定価格はかなり大きく変わってきます。っですので、日ごろの運転から十分に気を付けて頂いて、できるだけ愛車を売りたいと思ったときに、価値が下がらないようにしたいですよね。

ただ、さていに影響するからと言って、修復歴を隠す行為は問題になりますのでそこはしっかりと「修復歴があります」と査定士の方に伝えましょう。

それに人気のある車種だったら修復歴があっても高値で取引されることも普通にあるので、まずは査定してみると良いと思います。最近特に注目を浴びている、ジムニ―やランクル、スポーツカーの車にはそういった傾向ありますので要チェックです。

ランクルプラド 売りたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です